高齢の親と暮らすためのリフォーム

外壁リフォームの期間について

一戸建て住宅は定期的なリフォームを行うことで、その住宅寿命を延ばすことが出来ます。
一般的なリフォームは外壁リフォームであり、そのスパンは10年に一度が望ましいと言われています。
その理由としては、まずは汚れや塗装ハゲなどで美観が徐々に損なわれているため、定期的な外壁塗装の塗り直しによって美しさを保つことが望ましいことや、外壁は日々雨や風、直射日光に晒されており、ダメージを蓄積しているため、外壁塗装を塗りなおしの際にチェックし、その細かい傷などを修復することが求められているからです。
特に、細かい傷は放置しておけばひび割れに繋がりそこから雨水が浸水していまうと柱などがカビてしまったり腐食してしまうため、深刻な住宅へのダメージとなってしまいます。
外壁塗装は足場を組む必要があるため、その準備と撤去に2日程度必要となり、壁の状態のチェックや修復に1日、塗り直しは3回繰り返すことが一般的なため、3日程度必要となります。
また足場を組むことで屋根のメンテナンスも可能となるため、同時に行うことが望ましく、それも含めると、7~10日程度の工事期間が必要となるでしょう。

リフォームの期間を業者に聞くのが基本です

家もしくは店舗などをこれからリフォームしたいと考えているなら、ぜひとも自分から積極的に動いて、業者に声をかけるようにしましょう。
今は業者のレベルも非常に高くなっているので、安心して依頼することが可能となっています。
どれくらいの期間の工事になるのかを、しっかりと聞いておくようにしましょう。
そのリフォームの内容によっては、家をしばらく空ける必要が出てきます。
そう考えるとなおのこと、その工事にかかる期間はどれくらいなのかを聞いておくことには、大きな意味があると言えるでしょう。
数週間で終わるようなものもあれば、場合によっては半年程度かかることも多々あります。
どれくらいの規模かにもよるので、そういったこともきちんと踏まえて専門業者に相談に乗ってもらうことが大事です。
信頼と実績のある業者であれば、無駄のない作業でリフォームを行ってくれるので、他の業者に比べても作業期間を短くすることが可能となるでしょう。

注目サイト

笠岡市で新築の一戸建てを注文する
http://kasasei-homes.net/

2016/10/5 更新


△トップへ